中内整形外科クリニック
高知市旭に開院した新しい整形外科クリニックです。
整形外科、リウマチ治療、リハビリテーション、スポーツ外傷など。
地域のかかりつけ医として、地域に根ざした医療を目指します。
健康アドバイス
毎日の暮らしに役立つ健康のこと、病気のことを分かりやすく説明します。
【第112回】「魔女の一撃」について(その1)
【2020年2月】
 今回は、「魔女の一撃」についてお話しします。先日、ある患者さんが「先生、魔女にやられました」と来院されました。医療関係者の方で「魔女」をご存じでしたが、急に発生する腰痛のことを「魔女の一撃」といいます。ドイツ語からの語源ですが、俗に言う「ぎっくり腰」、正式には「急性腰痛症」といいます。
 急性腰痛症の原因は、腰椎の間にある「椎間関節」の捻挫や、腰椎を支えている「傍脊柱(せきちゅう)症」が多いとされています。数日から1週間で疼痛(とうつう)は減少しますが、中には「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰椎圧迫骨折」などや、まれですが「がんの転移」などもあります。
 疼痛が激しい場合や、痛みが治まらない場合は、早めに専門の医師を受診されることをお勧めします。次回は、「急性腰痛症」の治療についてお話しします。
【第111回】「朝起きるときに腰が痛い」
【2020年1月】
 朝起きるときに腰が痛い人は多いのではないでしょうか? 原因の一つは、寝返りの少なさです。長時間同じ姿勢で寝ていると筋肉が硬くなり、動き始めに痛みが出ます。従って適度な寝返りが必要となります。一般的に人は一晩で15~20回の寝返りを打つといわれていますが、ほとんど寝返りを打たなかったり、10回以下の方もおられます。こんな方は、お風呂上がりの腰椎ストレッチ(屈曲、伸展、ねじりなど)が予防になります。
 また寝る姿勢も関係します。一番良くないのはうつぶせ寝です。腰椎が過度に伸展するため、痛みが出ます。またあおむけも腰椎が伸展しやすいので、注意が必要です。横向けに寝ると、ほとんどの方は膝を少し曲げ腰椎を軽く屈曲するので、痛みが出にくいです。あおむけでないと寝られない方は、膝の下にクッションを入れると、腰椎が少し屈曲するので腰痛予防に効果的です。しかし腰椎の疾患で痛みが出ることもありますので、痛みが頻回に出るようなら、早めの受診をお勧めします。
医療法人 睦会 中内整形外科クリニック
【診療科目】整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
〒780-0943 高知市旭上町30番地
TEL 088-850-0623 FAX 088-850-0625
E-Mail info@nakauchi-seikei.jp
Copyright Nakauchi Seikei Clinic All Rights Reserved